ラジコン改造、カスタムの方法や試走のブログ一覧

TAMIYA CC-01/02

TAMIYA CC-02をオンロードツーリングRC仕様に改造!

CC-02シャーシは、クロスカントリーやロッククローラーとして遊ぶのが一般的な改造やカスタムで道なき道をゆく動画などをUPされているのをよく見ます。爆走ラリー仕様の改造もありますが、一番CC-02シャーシと相性の悪く苦手そうなツーリング、オンロード仕様に改造しました。
TAMIYA CC-01/02

タミヤCC-02のホイールベースは267mm ボディカスタム考察

CC-02ボディ載せ替えで重要になるポイント/CC-01のLシャーシ用のボディはぴったり載せ替え/257mmのTT-01/02用ボディは相性よし!?ワーゲンオフローダービートルボディはチョンマゲ的にはおすすめ!他
TAMIYA SW-01

高速化ランチボックスミニの3つの弱点を克服する改造

タミヤ ランチボックスミニ(TAMIYA SW-01)にリポバッテリー&ブラシレスモーターを装着して最速走行を目指した改造です。 スピードと引き換えに、シャフトが外れる、ハイサイドでこける、ウィリーしすぎるの3つの弱点を改造して克服に挑戦しました。
TAMIYA DT-03

タミヤDT-03 R31ハウス「ビッグ」スリックタイヤで改造!

R31HOUSEというメーカーから出ている、スリックタイヤです。ビッグスリックタイヤとDT-03への装着方法を紹介します。Instagramなどでよく見る「ランチボックス」や「コミカル系ラジコン」に装着してもかっこいいのでおすすめのパーツです。
TAMIYA DT-03

タミヤDT-03/DT-02の前輪(フロント)六角ハブの改造方法と7パーツ

タミヤDT-03・DT-2のフロントは、六角ハブではないので、後輪と前輪を違うホイールにする必要があります。前輪を六角ハブ化できると後輪と同じホイールタイヤが装着できるので、カスタマイズのバリエーションが増えて楽しみ方が倍増します。
工作

デュアルライダー改造ラジコン(T3-01)でギミックビクトリーロード!RWC2019

タミヤ デュアルライダー T3-01をラグビーワールドカップ ビクチトリーマシンに改造しました。ラジコンでビクトリーロードを表現するとこんな感じでしょうか。ラジコンの改造は、出来上がりまでのプロセスが本当に楽しいです。誰も真似しない改造。
サーキット

ラジコンの遊び方 RC-CARの可能性は無限大!チームチョンマゲ

TEAM CHONMAGE(チームチョンマゲ)では、当たり前のラジコン(RC-CAR)の遊び方はもちろんですが、撮影、改造、工作、映像作品などで「ユニークなラジコンの遊び方」を動画(YouTube)と記事を通して活動・紹介しています。
TAMIYA SW-01

タミヤ ランチボックスミニ「動くラジコンドライバーフィギュア」制作

タミヤ(TAMIYA)ランチボックスミニ(Lunchboxmini SW-01)に樹脂粘土で作った自作フィギュア(チョンマゲ)を乗せて動くドライバーを装着してみました。プロポ3チャンネル操作をしているのでMC-8を利用してます。
TAMIYA SW-01

俺のランチボミニ!ワーゲンビートルのボディに改造!(TAMIYA SW-01)

ランチボミニをボディを改造するにはサイズが1/24ということもあって、他のラジコンボディで代用しにくいオークションでゲットした他社メーカー(enrouteのbajaBug1/16)のボディを強引にくっつけてみることにしました。
TAMIYA DT-03

ラジコンバギー(タミヤRC/DT-03)2駆のリアにキャタピラ(OPTION No.1)改造爆走動画!

ロッククローラーRC系のオプションパーツである「OPTION No.1のキャタピラ」をタミヤDT-03レーシングファイターに装着。車軸が固定できれていればどんなRCシャーシにも装着可能
タイトルとURLをコピーしました